潤い保てる白髪染め

潤い保てる白髪染めとは?

白髪を染めるのに髪の潤いを保ちたいけど、どれがいい?髪や頭皮を傷めないおすすめ白髪染め!

白髪染めに一番おすすめな方法とは

 

白髪染めをしている人には大きく分けると自宅で市販の白髪染めを使っている人と美容院で染めている人に分けられます。
さらに自宅で染めている人は、一般的な白髪染めタイプとトリートメントタイプに分けられます。

まず、市販の一般的な白髪染めには、クリーム状のものや泡状のものなどいろいろありますが、どのタイプも過酸化水素が使用されており、染毛力が強いぶん、髪や地肌には刺激が強く、ダメージが大きくなります。
お肌が弱い人の場合は、かぶれたり炎症を起こすこともあるのです。ですから、染まりやすく色持ちもよいのですがその反面、安全性の面ではあまりお勧めできません。

 

また、自分で染めるのでそれだけ準備等の手間がかかりますし、自宅のお風呂場が汚れてしまうというデメリットもありますね。

 

同じく市販の白髪染めの中でもトリートメントタイプの場合は、刺激の強い過酸化水素不使用のものが多く、ダメージがほとんどないというメリットがあります。1回で染まらないので染まりやすさや色持ちという点では劣りますが、トリートメント効果が高いので髪の調子は断然よくなります。

 

ヘナもトリートメントタイプと似ていますが、よく染まるという点では異なります。

ただし、混ぜ合わせたり、放置時間が長くなったりと手間がかかってしまうところがデメリットです。

 

一方、美容院での白髪染めはしっかりと染まるため、市販品のように過酸化水素が配合されているのですが、ダメージを最小限に抑えられるようにケアをしてくれるので、市販品を使うよりはよいでしょう。
ただし、美容院での白髪染めはコストがかなりかかってしまうというデメリットがあります。市販品なら千円程度で済むのですが、美容院なら数千円かかってしまいますね。

 

髪へダメージを与えないでしっかり染められる白髪染めがこれ!

これら、それぞれのメリット、デメリットを総合的に考えると、「ラサーナ ヘアカラー」がお勧めです。
刺激の強い過酸化水素を使用せず、酸化染料が自然酸化することで染毛しますので、白髪がしっかりと染まり、色持ちもよく、髪と地肌を優しく守ってくれるのです。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ